読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ななばんめ 夜が寒い??とりあえずこれやっとけ

 

http://www.skincare-univ.com/images/articles/2644/140226_1.jpg

 

こんばんは、現在塾の空きコマの時間に記事を書いているテルルです。

 

この記事が投稿されているのは22時ぐらいかな??

 

地方と呼ばれる場所に住んで早20年近く、僕とは違い比較的暖かい都道府県から

来た方々が最近よく言うのは『夜が寒い!!』と不満の一言。

 

なるほど、自分が当たり前のように過ごしていた夜がそこまで脅威な存在になっていたとは。

 

そんな訳で今回の記事は夜が寒い、いつも暖房やコタツに頼ってしまい困っているという方に僕の日頃行なっていることを参考までにご紹介

 

1 暖かい飲み物を飲む

当然これは外せません、別にココアやコーヒーなどに限らずお湯などでもOKです。体温維持の効果もありますからね。

 

オススメなのは眠る前ならホッとミルク、夜を過ごすなら緑茶か紅茶ですね。

コーヒーは好き嫌いが分かれるので割愛。

 

ちなみにトイレの後にコップ一杯のお湯を飲むことによって尿の回数が増えて体内の老廃物が出て行く効率が増えて、体重がストンと落ちる場合もあることも。(※個人差はあります)気になる方はぜひ試してみては。

 

2 スパイスを使った料理を食べる

別に四川料理などの辛いものに限定している訳ではありません。

個人的にはスーパーなどで手軽に入手できる生姜などがオススメ。

 

今回は実際に筆者が簡単に作っているものを紹介。

5分で作れる簡単生姜雑炊♪

<材料>

ご飯(適量)

水(150ml)

めんつゆ(水との濃縮の比率に合わせて)

生姜(チューブで4㎝程)

卵(1個)

1 鍋に水、めんつゆ、生姜を入れて沸騰するまで温める

2 沸騰したら弱火にしてご飯を入れ、1と混ざるようにほぐす

3 ほぐれたら最後に卵を入れ、ある程度卵が固まれば完成

お好みできざみネギなども載せても美味しくいただけます。

 

夜に多めに作って次の日の朝に食べるというのもオススメです。

朝から身体がいい感じに温まる上に炭水化物もしっかり取ることが出来るので活力が得られます。

 

3 外に出て動く

最終的には勿論これです。はっきり言って短時間の暖房やコタツに篭るなんかより

ずっと効率がいい、お金も掛からないですから。

実際に夜に走ってシャワーを浴びたら暖房なんてその日のうちは使いません、むしろ暑い、邪魔。

 

かと言って走れと言っている訳ではありません、歩くだけでもかなりの効果があると思います。

 

寒いから出たくないという気持ちも激しく分かりますが一度出て動いて見てください、効果は保証しますから(笑)

4まとめ

そんな訳で今回は寒い夜に僕が使っている方法を簡単に紹介してみました。

思いがけず寒くなった夜に苦しめられている時に是非試してみてはいかがでしょうか?